俳優・上白石萌音さんと翻訳家・河野万里子さんが「ラジオ英会話」テキストに連載していた『翻訳書簡 『赤毛のアン』をめぐる旅』が、書籍『翻訳書簡『赤毛のアン』をめぐる言葉の旅』として刊行されました。
 この度、当時の連載記事を3回にわたって特別公開します。下部では書籍特典の上白石さんによる朗読音声を、一部公開します。(第3回/全3回)
 英語と読書が大好きな俳優、上白石萌音さん。そんな彼女が愛してやまないのが『赤毛のアン』。この連載では萌音さんが『アン』の原文を、ベストセラー翻訳家の河野万里子さんからのお手紙で手ほどきを受けながら翻訳していきます。さあ、英語と日本語を駆け巡る、言葉の旅にご一緒しませんか。 第3 回 アンの“wonderful” 萌音さんのおたより 河野先生

 なんだか、回を重ねるごとに楽しくなります。そして添削をしていただく前と後では、文の表情が全く違って見えます! 英語を通して、日本語の奥深さを再認識しているところです。

 今回は会話文! 今更ですが、わたし舞台でアンを演じたことがありまして、セリフは懐かしく、テンションが上がります! あのときの気持ちを思い出しながら訳してみました。
 いかがでしょうか? よろしくお願いします!

上白石 萌音
河野さんのおたより 上白石 萌音さま

 さあ、いよいよアンのセリフですね。萌音さんがアンを演じられたこと、
知っていましたよ(観たかったなあ)。その時の気持ちを思い出しながらの訳、なめらかに読めます! では今日は、ここからさらに訳文を磨いていきましょう。

 ポイントは「ただ一つ、ぴったりの言葉を見つける」ということ。たとえば最後に出てくるwonderful は、アンが「pretty でもbeautiful でもなくて……」と、一生けんめい探して見つけた言葉。だから、wonderful =「すばらしい」という当たり前の訳語から自由になって、それ以上の日本語で、訳者として応えたいのです。応えられたら、これは最高にテンションが上がりますよ!

 では、どうやってその日本語を見つけるのか。辞書はもちろん、自分の頭や心、経験の中も探すのです。そして、アンがいつも想像の翼を広げるように、訳す私たちも翼をいっぱいに広げて、アヴォンリーまで飛んでいきましょう。もし自分がこの場のアンだったら、感動を何と言葉にする? 11歳の女の子は、たぶん「すばらしい」とは言わないはず。それよりもっと口をついて出てきそうな言葉は……? 英英辞典も参考になります。いったん日本語から離れて、その単語のコンセプトやイメージをつかみ直すことができるからです。ちなみに手元にあったコンパクトなOxford Student’s Dictionary of English では、wonderful はごく簡潔に「extremely good; fantastic」と説明されています。例文は「What wonderful weather!」。英文和訳して「なんてすばらしいお天気でしょう!」では「かたい」ので、「なんて気持ちのいいお天気!」、もし秋なら「なんてさわやかなお天気!」でもいいかもしれません。「It’s wonderful to see you again.」という例文も。「また会えてほんとにうれしい」などとできますね。

 では、アンのwonderful は? 最後の段落3行に再チャレンジを、どうぞ!

河野 万里子
萌音さんのおたより 河野先生

 なるほど。ここへ来て、「訳者は役者に通ず」ということを改めて実感しました。セリフを訳すときは特に、お芝居をするときのように、登場人物に心を寄せたらいいんですね。ますます楽しくなってまいりました……!(笑)

 「きれい? いいえ、きれいって言葉はふさわしくないわ。美しい、でもない。そんな言葉じゃ足りないわ。そうだ、夢みたい。まるで夢みたいなところだったわ」

 白い並木道を思い浮かべて、空想が好きなアンを思ったとき、こんな言葉が出てきました。先生はどんなふうに訳されるのでしょう……! お返事が楽しみです。よろしくお願いします!

上白石 萌音
河野さんのおたより 上白石 萌音さま

 やったぁ! 「 夢みたい」、私が考えた訳語と同じです。この状況で、アンならきっとこう言うだろうと私も思いました。これまでも同じ部分を翻訳学習者たちに訳してもらったことがありますが、wonderful からこの日本語まで「飛べた」のは、萌音さんが初めてです! さすが本物の役者さん!! あとはアンのしゃべり方の語尾と、マシューの口調を工夫しましょう。試訳をご参考に。
 次回はこの続きのセリフを訳してみましょう。胸を打たれたアンは、繊細な感情を一生けんめい伝えようとします。その声に耳を傾けるつもりで、ぜひ。

河野 万里子
(今回のアンのせりふに続けて)It’s the first thing I ever saw that couldn’t be improved upon by imagination. It just satisfied me here’ — she put one hand on her breast — ‘it made a queer funny ache and yet it was a pleasant ache. Did you ever have an ache like that, Mr Cuthbert?’
— Anne of Green Gables Chapter 2 Matthew Cuthbert is Surprised
上白石萌音さんの朗読音声(第3回)はこちら 上白石萌音(かみしらいし もね)
俳優。

河野万里子(こうの まりこ)
英語・フランス語の翻訳家。主な訳書に『カモメに飛ぶことを教えた猫』『星の王子さま』など。
今回刊行となった『翻訳書簡『赤毛のアン』をめぐる言葉の旅』では、以降の上白石さんと河野さんの連載をまとめ、加筆し、撮り下ろしカットや朗読音声を加えたものとなっています。英語学習者だけでなく、言葉に興味のある方や進学されたばかりの方にも、学ぶことの楽しさを伝えてくれる本書を、ぜひお手に取りください。

楽天ブックス限定で、初回生産分のみ『翻訳書簡『赤毛のアン』をめぐる言葉の旅』オリジナルポストカードが付きます。
楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/17164323/
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4140351810
NHK出版ECサイト https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000351812022.html
Twitterで著者お二人によるサイン本プレゼントキャンペーンを開催 NHK出版デジタルマガジンTwitterアカウントでは、2022年7月25日12時頃より8月10日まで、本書の著者お二人によるサイン本が抽選で当たるキャンペーンを開催します。
詳しくはNHK出版デジタルマガジンTwitterアカウントをご覧ください。
応募規約はこちらです。
関連書籍 NHKテキストからの試し読み記事やお役立ち情報をお知らせ!NHKテキスト公式LINEの友だち追加はこちら!
関連記事