バラってデリケートだと思っていませんか? じつはバラはとても丈夫な植物。リラックスしてつき合えば誰でもロザリアン〈バラを愛し育てる人〉になれるはず! まずは基本の「き」をバラのスペシャリスト、小山内 健(おさない・けん)さんに教わりましょう。 基本の「き」① バラは草花ではなく「木」。木の姿はさまざま!  バラの見かけは草花のようですが、ブルーベリーやツツジのような木です。伸び始めには細く柔らかな緑色の枝は、年を重ねて太く堅い茶色の木に変わっていきます。繊細なイメージがあるかもしれませんが、とても強い植物で、簡単に枯れることはありません。木の姿(樹形)には、枝が⻑く伸びるバラ(つる性)と、枝があまり伸びないバラ(木立ち性)、そしてその中間の性質をもつバラ(半つる性)があります。 基本の「き」② 繰り返しよく咲くものと、年に1回咲くものがある!  バラは花の咲く頻度によって「四季咲き」と「一季咲き」があります。「四季咲き」は、花を小分けにするように1年に何回も咲きます。「一季咲き」は春にだけ豪華に咲きます。花の咲く頻度は、枝の伸び方にも関係があります。四季咲きは花をよく咲かせる分、枝はあまり伸びずにコンパクト。一方、一季咲きは花を何回も咲かせない分、枝を伸ばして大きくなります。選ぶときは、繰り返し咲くコンパクトなバラか、1回豪華に咲く大きくなるバラか、そんな性質を知っておくことが大切です。
 
 『趣味の園芸』5月号では、バラの基本をわかりやすく解説しています。最初は肩の力を抜いて、バラの世界に飛び込んでみましょう!
テキスト立ち読み ◆NHK出版 みんなの趣味の園芸 より転載
◆写真 今井秀治
テキスト『趣味の園芸』2022年5月号では、バラ栽培の基本についてご紹介しています(「これさえ知ればロザリアン!? バラの基本の「き」) NHKテキストからの試し読み記事やお役立ち情報をお知らせ!NHKテキスト公式LINEの友だち追加はこちら!