辞書を使わずに英語を理解したい、と夢見ている方は多いことでしょう。それを実現する方法の一つが、大量の英文を読んだり聞いたりし、大意をつかみながら物語を味わう力を養うことです。やさしい英語で書かれた興味深い内容であれば、意外にも楽しみながら読み進められるもの。

 今回は、「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」から、世界の偉人伝の文章をご紹介します。パキスタン、アフガニスタンで長年支援活動に携わり、2019年に銃撃され亡くなられた医師、中村哲さんについての文章(抜粋)です。
中村哲さんとは  1946年福岡県生まれ。医師・PMS(平和医療団・日本)総院長。九州大学医学部卒。84年よりパキスタン、アフガニスタンで支援活動を続け、病院の設立や灌漑用水路の建設などに取り組む。2019年12月4日、アフガニスタンのジャララバードで凶弾に倒れる。享年73。 それでは英文を読んでみましょう “Water treats good and bad people the same. I want to be like that. I want to work with
everyone and give people a place to live.”

Nakamura Tetsu spent years helping the people of Afghanistan. People there called him Uncle Hope. However, he was shot and killed on his way to work in December 2019. He was 73 years old.

Nakamura was born in Fukuoka Prefecture in 1946. As a child, he loved insects, so he wanted to be like Jean-Henri Fabre and study insects at university. But he knew his father didn’t think it was a good job, so he decided to become a doctor.

Nakamura first went abroad because of his passion for insects. This was in 1978. His friends asked him to come with them as their doctor to climb a mountain in Pakistan. The mountain was famous for a very special butterfly, and he wanted to see it. Nakamura saw the butterfly, but he also saw many people who needed doctors. Later, he was asked to work in Peshawar, Pakistan, and he was happy to go. He worked very hard to take care of the people with many different diseases at the hospital. He opened three new clinics in 1991 and many more later on.
中村哲さん関連書籍 NHK出版から中村哲さんの著書がこれまで2冊発行されています。併せてチェックしてみてください。 テキストではこのように学びます Daniel Stewart
カナダ出身。1993年より開成学園で教鞭をとり、海外進学アドバイザーや多読プログラム・ディレクターなどを歴任。トロントとモントリオールで育ったのち、大学時代をブリティッシュ・コロンビアで過ごす。修士(応用言語学)。全国語学教育学会(JALT)における多読研究部会を設立。国際多読教育学会(ERF)理事。著書にBringing Extensive Reading into the Classroom(オックスフォード大学出版局、共著)、80 Conversations(イーティーパブリケーションズ)、Listening Gym(数研出版、共著)など。余暇には水泳、ジャグリング、ギター演奏、ジュニアアイスホッケー観戦などをして過ごす。
■ NHKテキスト エンジョイ・シンプル・イングリッシュ 2022年5月号より
■ イラスト:須田浩介
NHKテキストからの試し読み記事やお役立ち情報をお知らせ!NHKテキスト公式LINEの友だち追加はこちら!