日本とメキシコで活躍している元AKB48の入山杏奈さん。2018年にメキシコのテレビドラマ「L.I.K.E」の日本人キャストとして選ばれて以来、2国間を往復しながら舞台やテレビで活躍中です。

 そんな入山さんが、2022年4月号から「ラジオまいにちスペイン語」に登場! 入門編の毎月最終週に放送される「ミニトーク」で、メキシコ生活や現地で学んだスペイン語などについて教えてくれます。今回はその一部をご紹介しましょう。
市場でのお買い物、私のお気に入りは  私はよくmercado(市場)へ出かけます。スーパーよりも安く新鮮な野菜やフルーツが手に入るんです。それに、何よりあのガヤガヤした雰囲気というか、メヒコの人々の生活があふれてる感じがすごく好きなんです。

 mercadoには野菜やフルーツ、お魚、お肉、洋服や靴、雑貨など、本当に何でもあります。そして、私の大好きな食べ物、タコスもあります。mercadoで私のお気に入りはフルーツジュースのお店です。色んなフルーツのジュースやスムージーを売ってるんですけど、メヒコにはmameyっていうフルーツがあって、私そのスムージーが大好きなんです。
手に持っているのが、大好きなmameyのスムージー  いつも“ Dame un licuado de mamey por favor.Con leche light.” 「マメイスムージーを低脂肪乳で」って頼んでます。マメイスムージーの味を表現するなら「すごくクリーミーな柿」って感じで、お砂糖入ってないんですが、すごく甘くておいしいです。con leche lightは「低脂肪乳で」、最後のlightだけは英語で「軽い」という意味です。

 頻繁にこの店に行くので、ついにはそこのお兄さんに顔を覚えられてしまい、行くたびに“¿Lo de siempre, señorita?”「いつものだよね?」って言われます。それを言われると、何かほっとするんですよね。

 お兄さんが私を見つけて、返ってくるスペイン語は、“Hola señorita,¿cómo vas?”「やあ、元気かい?」……そしてスムージー作ってくれてる間におしゃべりすることもよくあります。そんなときには、覚えたてのスペイン語を使って、うまく通じると「やったぁ!」という気持ちになります。ホント、mercadoって楽しいなあ。誰とでも気さくに友だちのように話ができる……これってホント、メヒコのいいところだと思います。それではまた次回。
テキストではこのように学びます ◆「ラジオまいにちスペイン語」2022年4月号より抜粋 入山杏奈
1995 年12月生まれ。「AKB48」10 期生、チームAのメンバーとして活躍。2018年4月よりメキシコのテレビドラマ「L.I.K.E」に日本人キャストとして出演するためメキシコへ。2022年3月にAKB48を卒業。現在、2国間を往復しながら舞台やテレビ番組などで俳優としても活躍中。
ラジオまいにちスペイン語の商品一覧はこちら! こちらもおすすめ! 新刊書籍 NHKラジオとテレビ講座の講師を長年務めてきた福嶌教隆さんが、ユーモアを交えてスペイン語の基本を解説。「ゼロから学ぶ人」「学び始めて間もない人」のための、スペイン語入門書の決定版が5月18日に発売されます。 NHKテキストからの試し読み記事やお役立ち情報をお知らせ!NHKテキスト公式LINEの友だち追加はこちら!
関連記事